心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


『ひとり暮らし 最強の時間術』 ただ今292円!電子出版開始!

 

こちらは大変ご無沙汰しております!

こんなに、更新していないとは思いませんでした・・・。(^_^;)

また、アップしていかないと!

 

さて、この度、電子書籍を発売致しました。

ひとり暮らし最強の時間術?ひとり暮らしを制する者は人生を制す!?

 

ひとり暮らし最強の時間術?ひとり暮らしを制する者は人生を制す!?

 

 

9月6日まで、半額キャンペーン中につき、292円です。

是非、スマホに入れてくださいませ!

本を持たずに外出したときに、便利ですよ♪

 

ひとり暮らしの方向けに、ワークライフ・バランスを整える内容となっています。いかに生活家事の負担を減らし、自分がやりたいことの時間を作るか?

ひとり暮らしだからこその時間の使い方にはコツがあります。

一度、ご覧くださいませ!

 

そして、もし可能であればなのですが、お願いが・・・!(>_<)

amazonのブックレビューにコメントをいただきたいのです。

皆さんの感想を拝見したいと思っています。

お手間かもしれませんが、お読みいただけると大変嬉しいです!

 

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

タイムマネジメント・コーチ

滝井

 

『THE ONE THING』<一点集中> 

こんにちは  滝井いづみです。

今朝も朝6時からコーチング・セッションをしていました。

もちろん、そのクライアントさんのテーマは「タイムマネジメント」です!!

・・・うーん、朝6時から時間を有効活用できる人なんだから、今更

タイムマネジメントについて悩まなくても・・・(^_^;)と考えるのは、私だけ

でしょうか?(笑)


いえいえ、その方はさらにバージョン・アップしたタイムマネジメントを手に

入れつつあります!意識をしていてこその成長ですね。


では、今日のテーマです。

 

--*--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*--

【時間編】 ■ 『THE ONE THING』<一点集中> 

--*--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*--  

 

 『THE ONE THING(ワン・シング)

               一点集中がもたらす驚きの効果)』

という本があります。http://goo.gl/WAum2q

(ゲアリー・ケラー、ジェイ・パパザン著 SBクリエイティブ株式会社・発行)


 「一点集中の効果?そんなのわかってるよ。」と思いますが、ただ、「そうはいってもいろいろ集中すべきものがあるし、選んだ一つ以外のものはどうなるのだろう・・・?」とか「その一つは、どのように選ぶのだろう・・・?」と気になったので、手に取ったのです。


 私の12月に出した拙著には、「明日やるべき6つ(数は自由)のことを書き出し、重要なものから上から順番にやる」というアイビーの伝説を載せたのですが、この本には「たった一つのことをやれ」とあるのです。「やるべき仕事(コト)は常に一つだ」と。

 

 え~!1つですか?!(゜ロ゜ノ)ノ

 

 でも、これには<からくり>があります。やるべきことは、一番重要なことを一つだけで、それを[継続して行く]ということ。つまり、毎日毎日重要なものを一つ集中してやらなければならないということです。重要なことを、一回きりじゃだめ。ずっと続けなければならないのです。この本の例えのドミノ倒しのように。だから最初のドミノ(一つのこと)は、成功の核となるものであり、目覚ましい成果の出発点なのです。 パレートの法則でもあるように、「少数の原因」が「結果の大部分」を生み出しているのだからその「少数の原因」を見つけ出さなければなりません。それは、「タスクリストに書いていあること全てが、等しく重要ということではない」ということです。やはりブレークスルーを起こす重要なものがありますし、「できればいいな」程度のものもあるでしょう。それらのことを削ってひとつの大事な物に集中せよということでしょう。


 ではそれはどのように選ぶのでしょうか?それが出来て、毎日継続できればいいですよね。この著者の会社は、手を広げずに、一つに的を絞ることで、業績が前年比平均40%の伸びを示し、それがほぼ10年続いたというのです。その一つの選ぶ方法というのが、これ。

   「今週できることで、それをすれば他のすべてが容易になるか、

する必要が無くなる、そんな『一つのこと」は何かな?それをやろう。」

 
 コーチとしてこの質問の仕方は、クライアントさんが頭を悩ますだろうな・・(^_^;)と思います。それは、答えの大きさが大きくなるからです。どんどん具体的に小さくして差し上げる必要があると思います。それに、一つのことは、カテゴリー別に出すと、一つでなくなりますしね。(笑)個人にカスタマイズしたものでなく、万人に一つの問いを投げかけるから、違和感を持つ人がいるのかしら。

私としては、この本は両手を挙げて賛成!というものではありませんが、(訳の問題かもしれません)これは心底共感!という文章もありました。


  「欲しいのは答えなのに、なぜ質問が大事なのか?
  それは、答えは質問から生まれ、

  質問の質がそのまま答えの質を決めるからだ。」


という部分。これを肝に銘じて上質の質問ができるよう、切磋琢磨したいと存じます・・・。

 

コーチング・セッション体験会』を開催することにしました!

4月25日(土)18:45~ 東銀座にて

コーチングの説明とお一人お一人に約20分の対面コーチング・セッションをさせていただきます。個人セッションで思考を深めたい方、是非体験してみてください。

www.reservestock.jp