心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「優先順位」

自分の目標に向かってやることを思いつく限り書き出すと、
次はやる順番をつけることになる。

優先順位のつけ方は、緊急度と重要度によって左右される。
緊急性、重要性のマトリックスを作るとわかりやすい。
緊急度が高く重要度も高いものは、誰でも最初に手を付けるが、
次は何だろうか?

緊急で重要でないもの?重要だけど緊急でないもの?
『7つの習慣』の中でスティーブン・R・コヴィーも言うように、
重要事項を優先する。

重要なものは、今は緊急でなくてもそのうち緊急事項になるのだ。

たとえば、

A.緊急で重要なもの
冷蔵庫が壊れたから買う。
→ 毎日使う物であり、中の物が傷んでしまう。

B.緊急で重要でないもの
普段あまり使わないラジオが壊れたから買う。
→ 使わなくても災害時等、無いと不安。

C.重要だけど緊急でないもの
メインの部屋の電球が暗くなった感じだから買う。
→ まだ大丈夫だけど、このまま使い続けると被害がある。
  (目が悪くなるとか、そうじが行き届かなくなるとか)

D.重要でなく緊急でもない
もう一台テレビが欲しくて買う。
→ 言うまでも無く、あるもので事足りる。
      余裕ができたら買おう。

つまりCエリアの重要だけど緊急でないものは、放って置くと
被害増大となる。

往々にして重要なものに手を付けるには、パワーが必要だが
億劫に流されると更に面倒なことになるのではないだろうか。