心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「行動の習慣化?」

「やらされている」という被害意識は、結果に表れる。
 やらなければいけない
 やったほうがいいだろうけど・・・。
主体的に動いているとは言えない場合、発想力もスピードも
落ち、時間もやたらかかる。

一方、これは(たとえ指示されたものであっても)
やらなければいけないものだけれど
やる意義がわかっていれば、自主的に実行する。

ましてや自分がアイデアを思いついた時は
いいパフォーマンスができて、
その時間を楽しめているのではないだろうか。


学生の頃の宿題は、歓迎されるものではなかった。
必要性を感じていなかったから。
社会人になってからの学習は、自ら求めているので身に付きやすい。
必要なものを学んでいるという意識がある。


自分で決めたことであっても続かない行動は
「やらなければ・・・」という被害者意識が働いていないだろうか?

再度意味を考え、明るい未来を想像した時の初心を思い出し、
「これは自分で選んで決めた行動である。
やらされているのではない。自分でやりたいのだ!」と
もう一度宣言しよう。