心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「2歳児の時間」

我が家の2歳児が、こんなことを言った。

「おかあしゃん、まだ でぃかんある?」
(訳:おかあさん、まだ じかんある?)

ふつう、2歳児が言う台詞ではない。
上に姉がいるので、二歳にしては割とボキャブラリーは豊富であるが、
遊ぶ時間に関して、言われるとは思わなかった。
ちょっとショックである。

お姉ちゃんの言うことを聞いて覚えたものと思われる。
「お母さん、まだ(遊ぶ)時間ある?」と聞く娘に、

「今日はあんまり時間ないから、今度にしようか。」や、
「早くしなさい!時間なくなるよ!」と、返していた。

あまりに当たり前に言っていたが、
私は、時間にあおられる感覚を植えつけていたのではないだろうか。
おそろしい。

『ゾウの時間、ネズミの時間』ではないが、
「大人の時間(感覚、認識etc.)」に対して
「こどもの時間」「幼児の時間」がある。

幼児は、何の義務も仕事もスケジュールもなく、
ただしっかり食べて、しっかり寝て、すくすく育つだけでいいのに。

8時に眠くなってしまう子供達のために、
段取りを組んで、毎日の生活を送っていたはずなのに、
大人の都合を押し付けてしまっていた。

時間を気にする生活なんて、まだまだ先でいい。
ゆったりまったり育ってほしい。