心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「目標を立てるコツ 5」

目標を立てる際、忘れてはならない大切なことがある。



それは・・・

動機を自分できちんと認識しておくということである。



つまり、
どうして、その目標を立てたいのか?
何が自分にそう思わせているのか?

・・・ということを、考えるのである。

そうすれば目標に従って小目標を立てる時に
ブレないし、気力が萎えた時に
初心に戻り易い。


コーチングでタイムマネジメントを扱うメリットの
ひとつだと思う。

自分の深層にある考えを引っぱりあげて
動機をしっかりしたものにできる。

ここで私のコーチが気づかせてくれたことを
ご紹介したい。


   *   *   *   *


以前私が子育てで 時間に振り回されていると感じていた頃、
私を駆り立てていたものは、

「この小さな命を死なせちゃいけない」
「私に何かあっても可愛がってもらえる子に育てよう」

という想いだったと思う。

だから、「フェ〜ン!」の「フ」の字を聞けば
夜中に寝ていてもすぐに飛んで行き、
オムツを見たり、ミルクをあげたり
ずっと抱っこをしてゆらゆらしたりしていた。

少しでも暑かったり、寒かったりすると
外出は取り止めた。

ちょっと大きくなれば、小さいうちの刺激が肝心と
知育玩具や、本、CDに走った。

ご存じのように、小さな子供は体力もなく、
何が起こるか分からない。
予定も立てられない。
予定を立てても崩される。
その場その場に追われていた。
とにかく自分の時間と体力を捧げ尽くした。

近くに預けられる父母が居なかったのもあり、
この子を守るのは私しかいないという
今考えると神経質とも思える程の関わり方だった。

確かに子供のいなかった頃と比べると
楽しい生活なのだが、自分にミッションが
増えたことに疲れを感じていた。


私のコーチは、私に質問を重ねた。(簡単に内容抽出)

コ「どうして子育てをするのか?」 

私:生まれてきた幸せを感じてほしいから。

コ「どんな子に育ってほしいのか?」

私:幸せを感じる心を持っていたり、
  自分も人も大切にできるいい子に・・・

コ:「なぜいい子に育ってほしいのか?」

私:世の中に受け入れて貰い易いから。

コ:「世の中に受け入れてもらえると、あなたはどうなる?」

私:この子の生きる可能性が増えるということだから、
  将来的に、私が安心して死ねる。


私は、この子に将来自分の足で立って生きて欲しいと
生きていて楽しみをいっぱい知って欲しいと
思っているんだなーと気付かされた。
(このセッションの時は、精一杯涙をこらえてました)

そのように落ち着いたのだが、それ以来
私の子供たちに対する心の姿勢は少し変わった。

なぜこれを目標にするのか?
なぜ今これを教えるのか?
今このおねだりを許すのは、軸から外れてないか?
これはこの子の自律につながるのか?
この子は今、楽しんでいるか?

このセッションで、自分の目標や判断基準、
行動のベースが見えてきたように思う。

そして、少々ストレスになりそうなことでも
自分の時間が削がれることも、苦痛ではなくなった。


目標を立てる時、なぜその目標を立てるのか?
それをきちんと認識しておくのは、
思っている以上に大切なことだと思う。

  *   *   *

本当は子育てブログで書こうと思っていたことを
長々と書いてしまいました・・・(^_^;)


さて、来週いっぱい主人の実家にロングステイなので
ブログはお休みします。

ゆっくり休んで、夏後半の英気を養いたいと思います。

どうぞ、みなさんも体に気をつけて良いお休みを〜!(^^♪