心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「目標を立てるコツ10・・・目標型・積み上げ型」

早くも書きたいことが順不同になってきたのですが、
どうしても(私が)覚えておきたいことなので
また目標について書きます。

   *   *   *   *
   
先日あるセミナーでこんな話を聞いた。

人には、「目標型」と「積み上げ型」がある・・・と。

「目標型」とは、目標を立てる際、難なく言葉にでき、
そして目標に向かって突き進む人。

「積み上げ型」とは、目標をきっちり立てるのは苦手であるが、
自分の行動・実績を積み上げながら、目標に近づく人。

このように理解した。
「目標型」と「展開型」という呼び方もあるそうだ。

どこかで読んだことがあると思うのだが、
目標について考えるうちに、今頃響いてきた。

積み上げ型の人は、将来の可能性を考慮しながら、
自分の責任を感じつつ、目標を立てるのかもしれない。

だから遠い将来について語るのは苦手だと。
近い将来は、まだ予想がつくからだ。



コーチングにおいては、目標型の人が向いているような
感じを与えるが、積み上げ型の人にもコーチングは
有効である。

積み上げ型の人の目標が定まらないなら、
進む方向だけでも決める。

方向すら決まっていないと、軸がなく、
フラフラした状態になる。

資格ゲッターと呼ばれる人たちが、進路に関係なく
やたらめったら資格を取るようなものか。

資格を取ることが目的で、楽しんでいるなら
いいのだが、方向性を持つこと無く、
「いつか役に立つかも・・・・」と、
労力や時間やお金を 注ぐのは無駄な気がする。


ある程度方向性が決まっていれば、
結果的に大きく間違った方には行かない。


こう書きながら、以前は自分も積み上げ型だったような気がする。
コーチングをやるうちに、思考型も変わったのだろうか?