心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「現状を知る11…ソリューション・フォーカスのスケーリング 」

ソリューション・フォーカス・アプローチ
(Solution Focused Approaches)
とは、原因追究の問題志向と対して、
解決の姿、解決方法に焦点を当てる手法である。
(以下、SFAと略す。)

何故これが、「現状を知る」のテーマかというと、
SFAの手法の一つ「スケーリング」に
絡むのではないかと思ったからである。

スケーリングというのは、現状の段階を
理想の姿と比べてどの段階かを認識するものであるが、

「理想の姿が10で、スタート地点が0なら、
現状はいくつだと思いますか?」

スケールは、1から100でも、
0.5区切りでも構わない。
その人が、引っかかりなく考えられる数字で良い。

そしてそれは、
「後どれくらい頑張るか」を知る為のものではない。
「今、どれくらい出来ているか」を認識するものである。

例えば、0から10の段階で
自分に厳しい評価をする人は
「2だと思う」答えたとしよう。

その「2ポイント」の中身は、できていることなのだから
育てれば大きく育つ芽があるかもしれない。
それはリソースであり、また自分の強みかもしれない。

数字に置き換えるだけで、
嫌悪感を抱く人もいるが、
こう考えると、一考の価値はあるのではないだろうか。