心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「計画・行動決定2・・・スモールステップ 」

いざ行動計画を立てて実行する際に
なかなか腰が上がらないことはないだろうか。

そして気が乗らない日が続いて、
計画倒れになってしまう。

それは、行動計画自体に無理があるか、
最初の一歩が大きすぎるのかもしれない。

最初の一歩は、行動を小さく小さく、
ブレイクダウンする。


うちの母がパソコンを覚えたいと言い出した。
これは数年前から言っている。
PCをできる人が多くて、楽しそうだ・・・と。

しかし今年になって再燃した。
何かの買い物ついでに、パソコンを見て
店員の「僕の88歳のおばあちゃんでも
僕とメールしてますから・・・」の一言で、
購入してしまった。


この場合、「パソコンを覚えて、新しい世界を知りたい」
というのは大きな目標。

「パソコンでメールができるようになりたい」
は、中目標。

そしてどうすれば学べるか?と聞くと
スクールできちんと習いたいと言い、
スクールを探して入学することが、途中の小目標となった。

しかし、スクールを調べる段階で数か月経ち
今に至る。

パソコンでインターネットを見ることのできる人には
「スクールを調べる」ということは簡単な作業だったが、

母にとってそれは簡単なことではなかった。
「スクールを調べる」のは、どこから手を付ければいいか
わからない、心理的にも重荷の作業だったのである。

結局友人に聞き、スクールの電話番号を用意するということが
最初のステップとなった。

それくらいスモールステップでないと、
最初の一歩を踏み出しづらい。

スモールステップは、着手し易いもの、
また踏み出すと後戻りしづらいものがいいのかもしれない。