心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「計画・行動決定5・・・荷物を減らす 」

さあ、やろう!と思っていても
どうもアレが気になる・・・ということはないだろうか。

アレとは、日頃から気になっていて
未だに手を付けていないものである。

いつかやらなければ・・・、
そのうちにやろう・・・、
・・・というものは、意外と頭の片隅に残っている。

受験勉強をしている時に、どうしても部屋の散らかりが気になり、
大掃除を始めてしまうとか、
(半分、逃避行動ですが・・・(^_^;)

体重を落としてから、プールに通おうとか。

出発時間が迫っているのに、親と長電話してしまうとか。

気になっているなら、日頃から
整理整頓や、ダイエット、
親とのコミュニケーションをしておけばいいのに・・・。
(こう書きつつも、今私は資料整理がしたくてたまらない。)

こんな懸念事項は小さな重荷であるが
妥協や、我慢、焦り、重圧など
大きめの重荷も考えられる。

これらは新しい行動をする際の重荷となる。
服を着たまま泳ぐように、
進みづらく、疲労も激しい。
行動の邪魔になるのは明らかである。

『IDEA HACK!』で有名な小山龍介さんは、
「頭の中から忘れておけるからメモを取る」というような
ことをおっしゃっていた。

メモを取る効用についての話だったが、
「気になることを忘れて集中する」という意味でも
印象に残っている。

気になっている荷物は、行動前になるべく
クリアにしておきたい。