心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「タイムマネジメント 基本2・・・木こりの話」

「木こりのジレンマ」という話を知っているだろうか?

これは、ジェフリー・J・メイヤーの
『奇跡の整理術・時間活用術』という本にあった話である。

あるところに、働き者の木こりがいた。
新しい斧を手に入れ、日を追う毎に
より長時間、より懸命に仕事に精を出すようになった。

しかし切り倒す木の数は、少なくなっていく。

木こりの斧がボロボロの状態であるのを見た人が言った。
「なぜ斧の刃を研がないのだ。
 ボロボロだから切り倒せないのは当たり前だ。」

すると木こりは言った。
「自分は斧を研いでいる暇もないほど、忙しいんだ。
まだまだ切らなきゃいけない木がある。」

   *   *   *   *

そう、やたらめったらやればいいってもんじゃない。

一度立ち止まってレビューし、
体制を立て直す必要がある。

タイムマネジメントの視点から見ると
核心をついていると思う。

忙しさの勢いに任せて慣性の法則のように、
同じことを続けていないだろうか?

もしかしたらとんでもなく
要領の悪いやり方かもしれない。
違った方向に進んでいるかもしれない。
あるいは、他に良いやり方があるかもしれない。

定期的に立ち止まって、現状を見つめなおそう。

そんなことを思い出させてくれる話である。

自分が忙しい時、焦って気分が浮ついていたり、
落ち着いていない時こそ、
冷静に思考する自分を取り戻す手段を持ちたい。