心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「タイムマネジメント 計画段階5・・・パレートの法則」

これはイタリアの経済学者が発表した法則
(80:20の法則とも言われる)だが、
いろいろに当てはめられて使われている。

商品の売り上げ8割は、全商品銘柄の2割で挙げているとか、
会社の売上の8割は、2割の社員によって達成されているとか。

タイムマネジメント的には

「仕事の成果8割は、費やした時間全体の2割で生み出している。」

また、このようにも言える。
「重要な仕事の2割ができれば、8割の仕事をやったようなもの。」


つまり、重要な仕事をやると、
その日の大体の仕事をやったようなものだから、
重要な仕事を優先しよう・・・ということである。

パレートの法則とは別に、
こんなエピソードもある。

ある会社の社長がコンサルタントと話していた。
「自分の時間の中で、多くをできる方法を教えて欲しい。」

そのコンサルタントは、こう答えた。
「明日やらなければならないことをリストアップして、
重要度に応じて番号をつけなさい。
それを1番上から順番に、他の事に中断されずに
確実にやっていきなさい。
リストの全部は終わらないかもしれないが
それは重要なことではないから・・・」

しばらく経って、数万ドルの小切手がその社長から
コンサルタントのもとに届けられたという話である。

シンプルなやり方ながら、その通りである。(!)

邪魔が入るのは仕方ないかもしれないが、
他が気になったり、集中力が持たなくなったり
するのは、自分が原因だから
コントロールできる部分である。

また優先順位を付けるのは、難しいこともある。
しかし優先順位を考える時間を確保することは
できるのではないだろうか?