心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「タイムマネジメント 計画段階6・・・逆算」

目標から逆算して、長期および短期の行動計画を
立てるというそのまんまのものだが、
この方法はワタミの社長や、川本裕子さんも
おっしゃっている。

川本裕子さんは、問題解決の「出口から考える」
という表現だった。問題は何かはっきりさせ、
どういう状態が問題の解決した状態か(ゴール)を
明確にするというもの。

そうすることで、最終結果までの筋道が
見えてくる。

これはタイムマネジメントを考える上でも同じで、
9月17日、18日あたりにも書いてあるものと
重複するが、途中で達成されるべきマイルストーンや、
小目標を作り、それらをこなしていくうちに
目標に近づく。

ここまで出来ているだろうという予想と、
ここまでやろう!という目標意識は違う。
現実的な視点も必要かもしれない。

もちろん目標や、出来上がった姿が頭に描かれていなければ
逆算も何もない。

ただ、いつも思うのは
明確な目標を描けなくても、途中段階ということで
大まかな計画でOKだと思う。

つまり、音楽の教師になりたいから音大に行こうでなく、
音楽が好きで好きでレパートリーを増やすうちに
ピアノ講師になっていたという積み上げ型もアリだと思う。

どこに向かうかは蓋を開けるまではわからないし、
実は遠回りということもあるかもしれないけれど、
無為に過ごすより、実力の違いは明らかだ。