心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「タイムマネジメント 整理2・・・収納」

今日は実際のモノについて。

女性誌では、定期的に「収納」「片付け」の特集が
組まれる。
書店でもダイエットの本並みによく見かける。
そういえば『「捨てる」!技術』という本も
昔流行った。

よほど収納に困っている国民らしい。

もちろん私もかなり好きだ。
今はある程度の知恵なら私の方が持っているのではと
自負している。


お金をかければいくらでも素敵なインテリアは
手に入るし、収納場所も広く取れるだろう。

しかし現在の住宅事情では
自分で工夫するしかない。
またそれを楽しみたい。

タイムマネジメントに収納、片付けが絡むのは
もちろん速やかな動作の為である。

その為にいろいろ読み尽くした私が心がけていること
をご紹介する。

?ワンアクションで取ることができるように収納。

使用頻度の高いモノは、扉を開けて、重ねてある箱を
取り出し、箱を開けて、目指すモノを出す・・・
という手間は、要らないということ。
ただ、見栄え良くそこに置いておけば良いのである。
(その為に、見栄え良いものを買う必要もある?(^_^;)
せいぜい、扉を開ければ取れるくらいが良いと思う。

?動線を考える

動線とは何かをする時に移動する跡の線だが、
少ない歩数で動く方が良いに決まっている。
運動量を増やす目的でもない限り、
遠くに配置したり、バラバラに配置する必要はない。

かと言って、こたつから出ないで済むように
自分の周りに全てを置くのは
見た目がよろしくないが・・・・

?一度持ったモノは、ちょっと頑張って
元に戻す。

つまり、
手に持っているモノを所定の場所にすぐ戻すことと、
手に持っているモノを一時的に机の上に置いて、
しばらくして戻すのとでは
エネルギーの量や億劫さが違うそうだ。


とてもシンプルである。
もちろん、使う所に置くとか
分散しないなど他にもたくさんあるが、
この3つが私の基本である。

このネタ、書くのは楽しいが
キリがなさそう・・・。