心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「タイムマネジメント 任せる」

タイムマネジメント的には
人に任せることができるようになると
かなりの上級者(?!)だと思う。

任せることに抵抗があるのはどんな場合か?

?任せた内容の結果が、希望通りでなかった場合の不満
?自分のやり方を伝えるのが面倒
?自分でやった方が早い
?任せる相手を探すの自体が面倒
?お金が介在しない場合、借りを作ることに
抵抗がある
?いきなり言われても、何を任せればいいかわからない。
?自分の存在意義を危うくされる

など思いついた。

???に関しては、相手を信頼するしかない。

違う人間がやるのだから、やり方も結果も
多少違うのは当然と覚悟をもつ。
自分の望む結果を伝えたら、相手のやり方を
尊重した方が、お互いハッピーである。

そして相手に頼んだ場合のリスクと、自分がやって
時間に追い立てられるリスクを天秤に掛けてみて
同じならば、それによって生じるメリットも
加味したい。

その人との距離感が縮むかもしれないし、
相手もそれをやることによって成長するかもしれない。

?は身近に任せられる人がいない場合、
プロを探すしかないが、長い目で見て今探しておくと
将来的に役立つだろう。

?はプロに任せず、身内や友人に任せる場合。
これは私の反省項目でもあるのだが、
借りを作っても、いつか返すことでコミュニケーションが
取れるので良いと思うことにした。
必要以上に、卑屈になることはないし
忘れなければいいと思う。
(人はしてあげたことはよく覚えている。
してもらったものは忘れがちなくせにね。苦笑)

?何を任せればいいかわからないのは、
普段から頭の整理がついていないだけ。

?こういうタイプは仕事を抱え込むタイプに多い。
正当な理由をかざして、情報も囲い込むから性質が悪い。

自分からその仕事を取られたら、居場所がなくなると
感じているのか?
自分はできる人!とアピールする場なのだろうか?

こういう人は、手伝いを申し出る方も難しい。
良かれと思って手伝っても迷惑そうだし、
手伝わないと、悲劇のヒロインを決め込むし。(^_^;)


・・・いずれにしても
任せるというのは難しい。
それを考えると、今まで私を信用して
任せてくださった方々に感謝である。<(_ _)>