心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「時間の制限」

先日、期限が人を動かすという言葉を聞いた。

良くも悪くも、それは事実だと思う。

時間に制限があって、初めて時間の大切さを意識する。

時間的な自由度の低さが、その人に集中力や計画性などを
与えている。

忙しくない人で、時間の使い方の上手い人というのは
聞いたことがない。

勝間和代さんみたいに、こんなに忙しい(だろう)のに
相当な量の本を読み、執筆もし、しかも育児もされている。

多忙な人に限って、時間をうまく使っているのである。

エネルギーもそういう人は
かなり貯蔵できるのではないだろうか。

ただ、忙しいと感じるかどうかは、
個人の感じ方もあると思う。

その人のそれまでの経験値や、完璧さの基準、
心のゆとりなどで変わってくる。

これくらいの忙しさは
ある人にとっては、目の回るような忙しさかもしれないし、
地獄を見た人(!)にとっては、肩慣らし程度に感じるかもしれない。

ここでも心の広さを持ちたいと思った。


リタイアしてセカンドライフを送る人のうち、
自由な時間がたっぷりあって毎日ゴルフ三昧の人より
多少働いたり、ボランティアをする人の方が
幸福度が高いそうだ。

自分は元気だから、忙しくいることができるとも
考えられる。誰かに必要とされているとも考えられる。

用事があって忙しいというのは、幸せなことかもしれない。

   *   *   *   *   *


いつも通りに書いてしまいましたが、
今日は100本目です!(・・・おそらく)

やめてしまうわけではないので、
いいのですが・・・。

続けられて良かった。

皆さん、どうもありがとうございました。

これからは他にエネルギーを注ぐべく、
こちらはペースダウンします。

でも時々、見にきてやってくださいませ。

本当に、ありがとうございました。