心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「積読対処法は?!」

今、部屋を見回すと、
あちこちにうまーく本の山ができている。(^_^;)

どれも、私の好きそうな本である。

読んだ本はきれいに納めてあるのに、
読んでいない本は、忘れないためにも
横にしてある。(それ自体どうかと思うが・・・苦笑)

中には
読みたい!と思っていた本なのに、
読まなきゃなぁ・・・になっているのもある。

・・・かといって
読むのを止める選択肢は今の所ない。

本を処分するのも忍びない。

読んでいる時や
読み終わった時の気持ちの爽快感は何とも言えないから。

しかし集まる本の量が異常に多くなる時期が
時々やって来るのである。

そんな時は、本の山を見ながら
今みたいに少しうんざりする。
正確に言うと、「やらなきゃ!」という焦りが出てくる。

どうも私にとって
読書は勉強の要素と、娯楽の要素があるので、
多忙になってくると後回しになり易い。

そこには、娯楽であるという軽い罪悪感も
あるような気がする。

あると安心する・・・という気持ちもある。
参考書を買っただけで、やった気になったのと同様。

いやいや、本は頭に入ってこそ価値を生む!
やっぱり読もう!

通勤時間に読む人は確実に、
読みたい本の数を消化している。

タイムマネジメント的な結論としては
私も確実に読む時間を取ることを
自分に許してやってもいいのでは・・・
と思っている。

毎日少しずつでも時間を計画しなければ
永久に本の山はなくならない。