心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「手帳の選び方 その1」

手帳コーナーが賑やかな時期になってきた。

使用する予定の手帳は決まっているのだが、
伊東屋、ロフト、ハンズ辺りを歩きたい。
・・・手帳も自分も進化しているから。(・・・はず?)


手帳選びのポイントを本日から少しずつまとめていきたい。


(1)外観  (大きさ、見た目)


持ち歩くかどうかで大きさは決まる。
しかし大きさは、重さ、記入スペースの大きさにも比例する。

持ち歩くことが目的であれば、小さい手帳を選ぶことになるが、
記入スペースが自動的に少なくなる。

持ち歩き用、デスク用と分ける手もあるが、
転記の二度手間は要覚悟だ。


見た目は気に入ったものがもちろん良いが、
人前で取り出す必要がある場合は、気を配った方が良いと思う。
小物も、自分のイメージを演出する小道具となるからである。




(2)ポケットスペース(手帳のカバースペース)


手帳に何か挟んでいる方は(量の違いこそあれ)
多いのではないだろうか?

例えば、名刺の予備、ポストイット、ジムのプログラムスケジュールや
チケット、カード類、リスト、大切な写真など・・・。

ここがあるだけで、かなり助かっている。


私の場合、毎年転記するのが面倒なものはここに入れている。

緊急連絡先や、かかりつけのお医者さんの電話番号、
よく贈り物をする先の住所など。


これらは基本的に変わらないので、時々見直しだけして、
毎年転記しない。その分、別の所に時間をかけたい。

薄い住所録みたいなものを入れ替えるだけにしている。


・・・ただし、ポケットの有無はあまり手帳選びには重要でない。
中身を優先したい。手帳などに貼る透明ポケットも文房具店で
販売されているので後付けも可能である。