心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


モノを所有することと時間について

最近、中谷彰宏氏の『なぜあの人は整理がうまいのか?』を読みました。
整理上手は、タイムマネジメントの達人に繋がるだろうと思ったので・・・。

やはり「捨てる」ということが基本で、身軽になって本来のことに
集中する為にも捨てないといけないということが、
手を変え品を変え説明されていました。

新陳代謝よく捨てるしくみを習慣化できればいいなと思います。
(捨ててはじめて、モノは同じ量を保つのだそうです)


では、今日のテーマを始めます。


モノを減らすというのは、
探し物の時間が無くなるだけでなく、
精神的にもゆとりが生まれる。

モノというのは、購入した段階で、
何らかのケアが必要なのだ。

文房具を買えば、置き場所を考え、使い、
使えなくなれば修理したり、処分する。

インテリアを買えば、飾ってたまに掃除して、
いつかは処分する。

食べ物を買えば、袋から出して保存して、
調理して、食べて後片付けをする。

本を買えば、読む時間を作り、読んで、
保管し、処分を考える。


こう考えると、モノに関わる時間というものが
発生することに気づいた。

だから今は使わないものを、
いつか何かに使おう!などと使い道を考えたり、
どうやって処分しよう?と処分方法を考えたり
すると、あまり有益ではない時間が増える。

使えるものを捨てるのは、日本人のもったいない精神に
反して、心が痛むからリサイクルを心がけるのは
とてもいいことだと思う。

しかし、モノの扱いについて振り回されるのは
考える時間もそれにかかるエネルギーももったいない。


視覚的にも、モノが少ない方が休まるそうだ。

佐藤可士和さんのオフィスをTVで拝見したことがあるが、
倉庫なのに、ショールームのようで驚いた。

ここで集中し、いいアイデアを生み出すのだな・・・と。


そう言いつつ、私は気に入った物を大切に長く使いたい方なので、
気を抜くとあっという間にモノがあふれて、イヤになる。(・_・;)

体なんて一つしかないのだから
使うものも数少なくていいだろうに・・・。
(自分に言い聞かせてます・・・苦笑)

ちなみに、上記の中谷さんの本によると、
衝動買いしたモノは、買った瞬間に役目を終えてるのだそうです!