心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「雑務をすることについて」

こんにちは   滝井いづみです。
口語の文章を書くにも慣れてきたように思います。(自分では・・・笑)

口語の形だと、文章の核がぼやける気がして苦手だったのですが、
話をしている感じで書けます。

・・・ただ、話があっちこっち行きたがるのですけどね!(笑)
では、今日のテーマを始めます。


【時間編】 ■雑務をすることについて


雑務処理について、皆さんはどうしていますか?

雑務は、何をしていても発生します。
仕事していても、普通に生活していても・・・。

今回は、「雑務を雑務と思わず、自分磨きと思え」という思想とは
違った所で時間に絡めて考えていきたいと思います。

(それは、雑務がメインの仕事だと思っている人に向けての言葉
ですね。確かに、雑務にも愛を込める心は大切!)

今回の「雑務」は、何かをしていて付随的に発生する、
処理の必要な小さなものと考えてください。


雑務というのは、小さなもので、記録するほどではありません。

・・・だから、達成感がありません。

また日常的に頻繁に発生するものです。

・・・だから、楽しく感じることもありません。(苦笑)

私は時間管理における「雑務」に関しては、その場で処理できて、
メインの仕事と共にいつの間にか終わっているのが理想だと思います。

例えば、あるプロジェクトが終わると同時に、
経過や結果が判り易くかつシンプルに
データに残り、次に活かせる資料として残っているとか、

料理が仕上がった段階で、調理用具まで洗い終わり、
片付けまで終わっているとか。

これには、ちょっと空いている時間を無駄にしないマメさ、
並行作業ができる器用さ、先を読む力などが必要ですね。

そもそも、雑務は小さな作業とはいえ面倒なことです。

だから後でまとめて、まとまった「雑務タイム」を取ることも
アイデアの一つです。

しかし、雑務は前述しましたように、やった結果も残らなければ、
達成感も無く、楽しくありません。

雑務をまとまってやる時間なんて、後に押しやられるのは見えています。(笑!)

だから、「雑務タイム」は無いか、あっても少ない方がいいのです。

ただ、「雑務タイム」は、ある程度は仕方ないこともあります。

でも10個のうち1個減らすこと
(つまり雑務が1つ、いつの間にか終わっている状態)
くらいには、よく見るとできそうです。


それには、メインの仕事にくっつけて勢いでサッとやってしまうこと。


例えば掃除も、お風呂を使ったついでにさっと拭いておくと良いと
言いますよね。

毎回のちょっとした処理で、カビの発生を抑え、
厄介な汚れ(つまり大仕事)になるのを防ぐのです。
「その日の汚れ、その日のうちに」ですよね。

このように、

1日の仕事が終わってパソコンを落としている間に、
帰りの自分の荷支度をするのでなくデスクを少し整理してから帰るとか、

プロジェクトも後からまとめて記録表を作らなくていいように、
毎回ログをきちんと残すとか。

また、一つの作業が中途半端で終わってしまう、
もしくは中断されて残務処理になる場合もあります。

それはやはり昔から先生が言っていたように
「遠足は家に帰るまでが遠足です。」と同じ。

〈1日の仕事は、次に仕事ができる元の状態に戻すまでが仕事です。〉

〈一つの案件は、お客様から感想を頂いて、次に活かせるデータに
残すまでが仕事です。〉

〈雑務は、メインの仕事が終わると一緒に終わらせることが仕事です。〉

途中で中断された所に戻って、その日のうちに一つを完了させると、
かなりすっきりできます。

それがルーティン化すれば雑務タイムが減り、
コマネズミのようにくるくる働く時間と
ゆったりアイデアを練る時間とメリハリが付きそうですね。


◆今日のポイント◆

雑務タイムははなるべく短く