心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「美は引き算」

こんにちは   滝井いづみです。

先週末、自分の走り方をチェックしていただきました。
ビデオに撮ってもらうと、思いもよらない自分の癖を発見。

また、フォームを直すやり方を教えていただき、
昨日から激しく筋肉痛です。(笑)

しかし、自分で意識するとラクに走れることに気づきました。
時々フィードバックを受けるのは、大切ですね。

では、今日のテーマを始めます。



【時間編】 ■美は引き算


「美は引き算」 ・・・これは、ビジュアル的なものを言っていますね。
部屋の片づけでも、書類の書き方でも、女性のお化粧でも言われます。

部屋に関しては、
佐藤可士和さんのオフィスをいつも思い出すのですが、

彼のオフィスはシンプルに研ぎ澄まされた空間で、
無駄が無く、考え抜かれていて
機能的で、結果として美しい。まるでモデルルームの様です。

女性のメークも、やたらごちゃごちゃ塗ればいいというものでもない。
塗れば塗るほど、舞台メークのように、無残な厚化粧になります。

基礎化粧品の栄養たっぷり乳液等を
いくつもたくさん塗るのは、肌自体の回復力を高めるためにも、
あまり塗らずに、肌を甘やかさ無い方が良いという話ですよ。

また、普段作成する書類も、「A4一枚主義」という会社もあるほど、
ポイントを的確に押さえ、かつ理解しやすいものを求められます。



私はこの「引き算」、
タイムマネジメント的にも当て嵌まると思っています。

何だかやることが多くて、リストアップしてみると
凄まじい量のタスクが出てきて
見るだけで疲れる・・・なんて話を聞きます。

あれもやりたい、これもやりたい・・・
好奇心旺盛で、いいことです。

しかし、
あれをやるには、これも参加したい、こっちも参加しなきゃ・・・
となると、やはり体は一つ、時間は24時間と
決まっていますから、考えて動かなければなりませんね。

タイムマネジメントも引き算の考え方は、外せません。

やることを多く持つと、「他の重要なこと」の為の時間が減らされます。

限りあるエネルギーは多くのことに分配されると、
それぞれに注げるエネルギーは
小さくなるのです。

集中力も、本当に大切なことに使いたいですよね。
やるべきことがクリアだと、よそ見もしませんから集中できます。

ですから、大切なことベスト5くらいを決めておいて
それ以外の優先順位の低いものや、無駄なものは引き算をする。
つまり、切り捨てる、或いは、他に回す意識が必要だと
思います。


私の尊敬する谷口貴彦コーチが以前、
こういうことをおっしゃっていました。
「決断は、断つことを決めることだ。」と。

つまり、やる!と決めたら、他の物を捨てる覚悟で臨めということです。
やりたいことをやる為に、それ以外のものを辞める意識はありますか?


自分の本当に大切なことの為にやりたいのなら、
しないことも一緒に作ることがワンセットなのです。

モノの少ない部屋は、探し物も少なく、掃除もラク。

自分のスケジュールも、一度シンプルな状態を意識して
見直してみませんか?


◆今日のポイント◆

やりたいことの為に、やめることは何?