心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「タイムマネジメント 阻害要因1・・・計画段階」

タイムマネジメントを意識した計画を手帳に記入し、
計画どおりにいかないことは、よくあることでは
ないだろうか?

さあ実行!という時のファーストステップや、
行動の習慣化については、以前もいくつか書いた。

これからは、タイムマネジメントの場面での
阻害要因としていくつか考えたいと思う。

まず最初に考えられることは
計画そのものが、甘すぎたか厳しすぎかということ。

最初は仮定で時間を見込んでいる場合が多いので、
出来ていなくても、徐々に修正をかけていけば良い。


次に予定にゆとりを持たせていなかったこと。

何か予定外のことがあった場合に
フレキシブルに対応できるようにする為にも
予定の前後にゆとりが欲しい。


3番目に休息の時間を取り入れていなかったことが
考えられる。

これは集中力には、エネルギーの充電が必要だから。
パフォーマンスを上げる為の最低条件である。


他に考えられることは、
いつその行動を入れるかが明確で無かったこと。

To doリストに入れていても、
自分が「いつ」それをやるか、イメージが出来ていなければ
他を優先してしまい、流れやすい。

「そのうち時間ができたら、やるだろう。」では
いつまで経っても消化されない。

To doリストの危険な所は、書いたら安心してしまうこと。

このTo doリストをやる時間を確保しなければ
ならないのである。

株式会社イー・ウーマン代表取締役社長の佐々木かをりさんは
いつやるかすぐに決めて、「その日時に」記入するそうだ。

佐々木さんは、To doリスト作成をスキップして
時間枠に記入するというやり方である。

これも手ですね・・・。


そして、手帳を見て、翌日に持ち越しの仕事が多く見られるようなら、
計画そのものを見直すチャンスである。

自分の計画なのだから、変更に遠慮はいらない。



     ★★★ ここでお知らせ ★★★


手帳を買って、「来年をどう使うか?」を考えたい方向けに

3回だけのタイムマネジメント・コーチングをやります。

普通のコーチングは3か月から承るのですが、このコースは1か月のみです。

『3回だけのタイムマネジメント・コーチング』として

HPよりお申し込みください。^^

お問い合わせもHPの欄から承りますので、お気軽に!

http://time-coaching.net/


◆今日のポイント◆

     To doリストで安心しない