心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「今という時間」

こんにちは。
今年の夏は、覚悟していたより過ごしやすく感じるのですが、
私だけでしょうか?^^

さて、先日主人からこのブログに突っ込みが入りました。
「何故に8月11日に”夏休みの計画”というテーマなんだ?」と・・・。
ごもっとも!

実は、このブログは私が週1回発行しているメールマガジンの記録を
兼ねています。つまり、メルマガの記事をこちらにアップして、
残しているのです。(しかも不定期で!(^_^;))

だから、タイムリーな話題ではないときもあるんですよね〜。

今日のように・・・!(笑)


****************************


今日は8月9日、ハグの日だそうです。娘曰く・・・。ホントかな〜?
だから、朝から暑いのに何度もハグしてくれます。(^_^;)
母としては、嬉しいのですけれど。

これも急いでいたりして、自分に余裕が無いと
嬉しいなんて考えられず・・・。
心のゆとりって大事ですね。


では、今日のテーマを始めます。


    • *--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*

【時間編】 ■今という時間

    • *--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*


私のメンターともいうべき尊敬するコーチの紹介で読んだ本の中に、
「今を生きる」ということが書かれていた。

以前、「インド人と西洋人の話」のエピソードを書いたと思うが、
それに通じる話である。

今を生きると言うことは、現在を味わって過ごすということ。

過去を生きる人は、昔の輝かしい思い出の中に生きていて、
「あの時は良かった・・・」と過ごす人。
或いは、「あの時にこう言っておけば・・・」
「こういう選択をしていれば・・・」とタラレバを考える人。

未来を生きる人は、思考が常に先のことばかり考えている。
「これが終わったらアレやって、その次コレやって・・・」
「この時までにこれが出来ていて、次は・・・次は・・・」

生きている限りゴールは無いから、ゴールでほっと一息と落ち着くことは無い。

例えば、私の母はよく過去の話をする。
「あんたも昔は可愛かったのにね〜」
(そんなこと言われても戻れないし・・・苦笑)

上の子は、無駄に未来の心配をし過ぎる。
「来週の月曜日からのプール、嫌だな〜。どうしよう?!」
(今日はまだ火曜だよ)

下の子は、「今」を味わうのが得意だ。
突然寝転がって、
「フローリングの床の上でゴロンすると冷たくて気持ちいいんだよ〜!」

そんな時、ちょっとうらやましくもある・・・。

まだ幼稚園児なので夏休みの宿題もないせいか、
締め切りの意識はあまり無い。

せいぜい好きなテレビが始まるまでに、
お部屋をお片づけするくらい。

人は大人に近づくにつれ要領良くなるが、そこには時間軸で考える
ことが伴い、常にタスクを考えている状態が続く。
おそらく、ほっと一息のティータイムでも
「このお茶が終わったら、これやらないと・・・」が
あるのではないだろうか。

この瞬間を楽しみ、そこにのめり込むのは現代の生活では難しいか。

正直なところ、タイムマネジメント・コーチである私としては
先(未来)は考えて欲しい所。

なぜなら、人間考えたことでないと、実行されないから。
翌週の計画を立てることは、成果、効率を求めるなら必須なのである。

しかし、それで心が常に焦っている状態にあり、
人生を楽しめていないと言うのは、いかがなものか?

私はタイムマネジメントは、成果を出すためのものであると同時に、
心の落ち着きを取り戻すためでもあると思っている。

過剰なタスクで、心を亡くす状態(忙しい状態)になるなら
それはもしかしたらやり方を間違えているかもしれない。

人生は「今」の積み重ねである。

本当は、過去を生きることも未来を生きることもできない。
その瞬間は現在だったはずだし、
未来にあっても感じる時は現在であろうから。

それならば、「いつか」の未来、
あるいは「あの時」の過去の為に生きるのでなく、
「今」を味わいながら生きるのを忘れてはもったいない気がする。

****************************

・・・というわけで、タイムリーな記事をご希望でしたら、
宜しければこちらのメルマガにご登録くださいませ。

タイムマネジメント・コーチングのメルマガ
http://www.mag2.com/m/0001028221.html

では、今日も素敵な1日を〜!^^