心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「流される自分・・・」

先日コーチング・セッションをして、改めて思ったこと。
自分の弱さを認められて、さらけ出せる人は本当は強い!
このクライアントさんも、実はとても芯の強い方だと思いました・・・。

肩肘張ってがしがし歩いていた(でも相当無理していた)頃の自分に
言ってやりたいです。(笑)

では、今日のテーマを始めます。

    • *--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*-

【時間編】 ■人は易きに流れる

    • *--*--*--*--*----*--*--*--*--*----*--*-

自分の将来の時間について考える時、それは
その時間に何をするかという行動について考えることになる。

行動ができたかどうか、そして得られるものがあったかどうかで
その時間の使い方の評価が決まるとしよう。

その場合、「行動をする」ということが無い限り、得られるものも無い。

では、何を行動するか?ということになると
その「何」を具体的に決めておく必要がある。

なぜならば人間、「決まっていることは、やる。」

「決まっていないものは、やらない。」

(できればやらずに済ませたい)から。


ここで、「何をやるか」を具体的に決めておかないと
おそらくやらないだろう。

やった方がいいのだろうけど、今はいいや・・・ということになる。
だって、人は易きに流れるもの。

ラクを選んでしまう。

考えるのすら面倒なのだ。

自分の将来の為に、時間と労力を投資しよう!ってことは知っている。

しかし、自分がこれ!と決心したものが無いのに、
わざわざ短い時間で判断して、難儀な作業を選んで取り組むだろうか?


「何をするか判断する」という1クッションが入るだけで、
スピードもやる気も落ちる。

これから自由にしていいですよ!と突然言われても何しよう?

悩んでいる内に、時間だけが過ぎて行くのがオチである。

ましてや、時間の無い中で、これから何をするか決める時には、
自分にとって難易度の高い物を選ぶことはあまり無い。


したがって、新しい行動を入れる、つまり
新しい習慣を付けたいのならば、
考えずにできるようにな
るまでは、丁寧な準備やお膳立てをすることが効果を
後押しする。


例えば、まだ慣れていない行動は、
仕事であっても具体的にやる内容を決めておく、

勉強も具体的にやる内容ややるテキストのページ数を決めておく、

掃除もやる箇所を予め決めておく、

起きたらすることを、ボーっとした頭でもわかるように予めセットしておく。

何も考えなくても、「これをやることになっている」という状態を作り出したい。


要は先回りすることになるのだけど、
計画することは、行動を先回りし、確実に行動を実行に移す為の
手段でもあるんですね。


◆タイムマネジメント・セミナーのご案内◆

テーマ:「ビジネスパーソンの為のタイムマネジメント」

〜流される時間の使い方から 意思の入った時間の使い方へ〜

人数的に、アットホームな会になる予定です。
是非、女性の方もお気軽にどうぞ♪

日時:10月30日(日) 13時〜
場所:JR田端駅から徒歩2分
人数:10名限定

※今回のセミナーはフォローアップのためのコーチング・セッション付きです。
当日、セッションのご予約をお受けします。
お得なセミナーとなっていますので、コーチングが初めての方も、是非!^^

お申し込みはコチラ  http://time-coaching.net/