心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「リソースという時間」

先日整理してみたところ、私の読書メモもかなりの数になっていました。
コーチングや、時間、タイムマネジメントに関するものも相当あります。

玉石混淆ですけどね。・・・しかし多く当たらなければ、極上のものには
出会え無かったはず。それらは、私の宝物です。

では、今日のテーマを始めます。


【時間編】 ■リソースという時間

私の読書メモを見返すと、こんな文章が目に止まった。

「成果を上げるものは、時間が制約要因であることを知っている」

成果を上げる人は「仕事」からスタートしない
「計画」からもスタートしない
「時間」からスタートする 

ご存知ドラッカーの言葉である。


何かを始める時、「仕事」からスタートする人は仕事が発生すると
すぐに飛びつく。その仕事の成功の形を描くことなく、成功までの道を
描くことなく、必要な準備も備えることなく・・・。

「計画」からスタートする人は、すぐに飛び付く前に一旦考える。

その仕事の成功の形を描き、成功までのルートを探る。・・・が、
必要な準備を備えること、つまりそれに要する時間を準備、(確保すること)をしない。

「時間」からスタートする人が考えることは、仕事を始める前に
その仕事の成功の形を描き、成功までのルートを探り、
それに必要な時間を確保する。

なぜならば、時間はリソースの一つであり、何かをやる時には
必ず必要なものだからだ。

勉強する時には、鉛筆、ノート、時間。
食べる時には、食事、場所、時間。

このメルマガを書いている時も、PC、内容、時間が必要である。
(もちろん、他にもやる気とか知識とか書き出すとキリが無いけれど)

コーチングセッションで、「やる時間がなかったんですよね〜」と
言う人がいらっしゃるが、それは、「やる時間を取らなかったんですよ。
(だってそれ程自分にとってそれは重要じゃないから・・・)。」と
言っているようなものである。

もしくは、ここんな気持ちも隠れている。

「時間があれば、僕はできたんですよ〜。能力が無いわけじゃないんです。
時間が無いんですよね〜。(時間があっても、それが出来ていなかったら
かっこ悪いし・・・)。」


時間が制約要因なのは知っている。
そして、言い訳にもなるのである。

・・・自分のリソースなのに。

今日のポイント・・・ 時間からスタートする

◆さて、この度がんばってタイムマネジメントのFacebookページを作りました。

「タイムマネジメント・カフェ」
http://www.facebook.com/timemanagement.cafe

タイムマネジメントに役立つ言葉クイズを載せました。
「いいね!」を押して頂くと、次のページで答えがあります。
皆さんに響く言葉があれば、幸いです。(*^_^*)