心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「新しい環境をむかえて」

待ちに待った新環境になる人も、思いがけず変わってしまった人も
いるだろう。

仕事内容も全く変わらない、いつもの電車の決まった立ち位置が
新利用者によって多少変わる程度・・・という人もいると思う。

 大学の9月入学も提案されているが、まだまだ日本人には
4月という時期は「新しい始まり」というイメージがあるのでは
ないだろうか。

タイミング的にもお正月の次ぐらいに、日々の過ごし方を
考える時かもしれない。

増えた業務をどのように入れるか?から、
新人の教育、新しい上司との意志疎通、
朝と帰宅後の自分の時間の使い方、
減少に転じない自分の体重について・・・まで、
今までとは違うスケジュール調整が必要な事柄も、
よくよく見ればあると思われる。


 したがって環境が変わる人も、変わらぬ人も、
改めて日頃を振り返り、新しく計画を立てるか、
年始に立てた計画を軌道修正する良いタイミングなのである。

いわば自分の計画と、生活のタイムテーブルの更新・・・。

日常を振り返り、反省点を洗い出し、新環境に当てていく作業である。


 私で言えば、最近はセミナー準備やコーチング・セッションだけで、
ブログ&FBをサボってるなーとか、プライベートでは花粉症の時期
だったから走る量が少ないなーと振り返り、反省が出てくる。(苦笑)

私の新環境は当面、仕事時間を1時間増やすことができるから、
月水金曜日はブログ、HP更新、FB等にあてて、火木曜は走ろう・・・と
調整できる。

 その際に心掛けたいのが、「自分主体の考え方」である。
環境変化に振り回されずに、自分で行動を決めていきたい。

決められたことによる、やらされ感を持つことなく、自分で決める。


「仕事だから、自分で自由には決められない!」・・・ごもっとも。

しかし、「仕事の内容は自分で決められなくとも、
仕事の取り組み方は自分で決められる」はずである。


与えられた仕事を、ギリギリでやるのか、
先回りして余裕をもってやるのか?

緊急の仕事が降ってきても対応できるよう時間のバッファを取るのか、
仕事を断るのか?

前回のやり方を時短で踏襲してやるのか、
バージョンアップさせてやるのか?

少なくとも、あなたの時間の割り振り方に関しては、
あなたが決められる。


自分主体で考えられたタイムテーブルがあると、見通しが立て易い。

何をするか一から考えずに済むし、習慣化にもタイムテーブルは
役立つ。


しかし、タイムテーブルを作るのは、やりたいことが
本当に全て収まるのか、
バランスはとれているか
検証する為であり、それに縛られる為ではない。

柔軟に対応する自信がないなら、タイムテーブルにせず、
タスクベースでアクションの箇条書きでも良いかもしれない。


さあ、新年度の始まり。
あなたは何を始めますか? 何を止めますか? 何を続けますか?

振り返って、自分のタイムテーブルを更新するのもいいかもしれない。


=========================

以上は、昨日発行したメルマガの内容です。

ご興味があれば、是非!毎週火曜にお届けします。
http://www.mag2.com/m/0001028221.html