心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


あなたの「個人の時間」は、ちゃんとありますか?

 1日の時間について考える時、ONとOFFという分け方がある。
仕事をしている時間をON、仕事から離れている時間をOFFとする
ものである。

まるで、仕事をしている時間だけが生きているかのような差が付けられている。確かに、生産性があり、社会に貢献し、自分の労力を対価として
金銭を得るのだから、ONタイムが重要な時間であることには違いない。

仕事に喜びを見出し、自分の存在意義をそこに持つ人ならば、なおさら重要な時間であるだろう。


 しかし、よく考えるとOFFタイムも、自分の長い人生の一部であるのだ。

そこには、仕事をしていない別の顔の自分がいる。何かを学び、誰かと遊び、買い物をし、食事をし、家を片付けし、バスタイムを楽しみ、眠る・・・。

それらはプライベートな時間とも言われ、忙しくなると蔑ろにされる時間
である。


 残業が続くと、睡眠時間が奪われるのはもちろんのこと、健康な食生活や住環境、個人の充実した喜びの時間も奪われる。

個人の時間とは、趣味や学び、運動など、心がリラックスし、仕事の頭もリセットし、生きる活力を添えるプライベートな時間である。


 睡眠時間や、食事、家事などの生活時間は、削るにも最低限度があるが、個人時間は無くても生きていける。

したがって、多忙な時期のプライベートな時間(=生活時間+個人時間)は、生活時間が大きく占めることになる。


 趣味や、学び、リラックスといった個人の喜びの時間は、一番に削られる対象の時間であるけれど、人間の奥深さも作られるであろう大切な時間である。


 読書の時間に現実から瞬間トリップし、先達の智恵や自然の摂理、繊細な感情の震えなどに触れた時、それは生きる喜びの一つなのではないだろうか。

 タイムマネジメントにおいて、無駄な時間とされるかもしれない遊びの
時間もこう考えると、全く無いのも考えものだと思う。


◆タイムマネジメント・スマホ・アプリ◆

8月1日に「My Time Maker」がリリースされました。
無料版ですので、使ってみてください!
スマホ・ユーザーのお友達にすすめていただけると、
嬉しいです。^^

こちらのダウンロードページより・・・
http://www.jikankiroku.com/
http://www.facebook.com/timemanagement.cafe

**********************