心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


「時間をうまく使う為に必要な時間」

 時間を効果的に使うには・・・これは、まず自分の基礎体力を作ること
だと思う。時間と基礎体力は、直線的に結び付かないかもしれない
けれど、タイムマネジメントをやる人にとっては、必要なことである。

 基礎体力が無ければ、集中力が低下する。
集中するにも体力が必要であり、集中力が無ければ時間を
ダラダラと過ごしたり、易しい方へよそ見してしまう。

田坂広志氏は、「密度の濃い時間を過ごす人とそうでない人の違いは、
物事に取り組む時の精神の集中力である」と述べられている。

時間を効果的に使うには、その時間に集中して臨むことであり、
集中して臨むには、基礎体力が必要なのである。


 基礎体力を作るのは、短期間でできるものではない。
良い習慣を積み重ねることが必要である。

では、どんな良い習慣を積み重ねるのかというと、
自分の「生活」の時間を、丁寧に過ごす習慣だと思う。

つまり睡眠時間を確保し、食事の時間を確保し、毎日の行動のベース
となる生活環境を整えることである。

 「生活時間」というのは、基礎体力を維持するのに切っても
切り離せないものである。

そして、疎かにしがちである。
自分のことより、他や他人を優先しがちな人にとってはなおさら!

自分の体力と健康を過信しているし、
「なんとかなるだろ」「自分は大丈夫」が
延々と続いているのに気づいていない。

 毎日遅くまで残業し、食事もコンビニ弁当を掻き込み、
家に帰っても疲れを取りリラックスするヒマも無く、
横になるだけの日が続いては、体力も集中力も
落ちようというものだ。

 そしてもう一つ。

生活時間を大切に・・・ということは
「自分には関係ないことだ」と思われがち。

「できている、大丈夫!」と思っている人も、
初心に返って、もう1歩だけ何かを小さく変えると
違った世界になるかもしれない。
 
 集中力という基礎技術を支えるものは、基礎体力であり、
基礎体力を支えるものは、あなたの「生活時間」なのである。


◆今日のポイント◆
あなたの「生活の時間」を守る