心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


子供の夏休み計画マネジメント(宿題編)■タイムマネジメント・コーチング■

我が家には5年生と2年生の小学生がいます。

昨日から、夏休みが始まりました。

二人とも、せっせと宿題をやっています。

(実は、宿題の内容が発表されてからやっていた様なので
夏休み前に手を付けているのですが・・・^_^;)


上の子には、自主学習40ページという課題があります。

この「自主学習」というのがクセもの!

各教科ごとにページ数は決められてはいますが、
内容は自由です。

昨日、既にやり始めているものを見せてもらうと、
ドリルを写しています。


・・・写すだけでいいのか?

・・・それは、ページを埋めるだけの作業ではないのか?

・・・・・。


人間、ラクを選ぶものです。
思いついたものを、適当に始めた様子・・・。(^_^;)

夏休みの過ごし方を、親子で考えるついでに
宿題についても、一緒に考えてみました。

 

「夏休みにどうなっていたいの?」

 

娘の答えは、苦手な所がわかるようになりたい、
いろんな知識を付けたい
漢字検定の勉強ができていたい

ということでした。


そこから、もう一度ページごとに
娘のやりたいことを割り当てていくと、
ページが足りない!

娘「もったいないことした~!!(>_<)」と

別段考えることなく、宿題を始めたことに
後悔していました。


私「早めに気づいて、良かったじゃん!」

娘「他の宿題も、一緒に考えて!」

・・・もう考え方は教えたから、自分でやろうよ・・・(-_-;)


夏休みの宿題は、計画的にかつ最初の勢いを借りて
やりたいもの。

親として、そんなサポートができるといいなと思います。


・・・学校の事情で取り入れられた「自主学習」
目的はすばらしいと思います。児童の自主性を育み、上手くいくと
新しい教育内容になるでしょうし。

でも、ちょっと職務怠慢を感じるのは、私だけ?(苦笑)

導入前に、児童に対して下準備を入念にしておく必要性を感じます。