心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


子供の夏休みタイムマネジメント(生活編)

小学生も、結構忙しい。我が家は塾には行っていないのに、この忙しさ!

サマースクールに、プール教室に、図工のワークショップに、音楽教室、検定・・・

毎日のように学校に通っている。うちには学年違いで二人いるので、親はそれぞれ

二人分把握しなければいけない。


・・・が、それはやらない!(・・・できない?笑)

明日の自分のスケジュールくらい、自分で把握して行動して欲しいのです。

母としては!(苦笑)


しかし、それは考えてみれば簡単なこと。

最初にお膳立てをしておけば良いだけである。

夏休みのイベント、宿題などが情報のプリントが出そろった時点で、カレンダーを広げ、

洩れなく記入していく。諸々の予定は、一元化しなければ忘れやすいし、見づらい。

バラバラの情報のプリントは、詳細を知りたい時にだけ見ればよいように、まとめておく。

まずは、この日に何時に何があるかだけ、把握させる。

 

すると、自分はこの日に、どこで何をしているか、何が必要かが見えてくるので、お弁当を

作ってほしい日や、宿題の材料購入を依頼される。

いい感じ!(^^)

 

そこで家族旅行の計画なんて発表すると、盛り上がりはMAXである。

一気に、夏休みの計画を考えるモードに入っていく。


「今、宿題の計画しかしてないけど、他にやりたいこと無いの?」

「夏休み中に、できるようになりたいことって何?」


子供たちからは、お料理や、プールの検定、ピアノ曲、会いたい人などいろいろ出てくる。

それも、きちんと見える所に書いてあげる。「家族みんなわかったよ。

あなたのやりたいことは、これなのね。応援するよ~♪」と理解を示すという意味で。

 

 その夏休みのリストは、できなければダメというものではない。

「さあ、次に何をしよう?」と思った時に、さっと動けるためのものである。

こういうことができたら、楽しいよね!という気持ちを思い出させるものなのだ。

だから、出来なくても責めるような発言はいただけないと思う。

 

ただし!!!

子供相手の場合、ここを忘れてはいけないと思うのだが、一元化&見える化

したものを毎日確認するフォローをする必要があるということ。書きまとめたものの存在すら

忘れていては、元も子もない。

子供が確認して行動できれば、きちんと褒めてあげる。

「えらいね~!自分でちゃんと確認してるんだね♪」と。これで、次からも自分で確認を

するようになれば、親の手間も省けるというものだ。

 

夏休みは、毎日やることが自動的に決まっている学校生活と違って、子供の自主性を育てる

ことのできる良いきっかけですね。

 

.8月24日(土)の午後、コーチング初心者の方向けの自分磨きセミナーを

やります。場所は銀座です。是非お越しください。

皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

http://kokucheese.com/event/index/102108/

 

また、8月5日(月)は、高松でコーチングゲーム体験会をやります。

初の四国開催です!香川県にお友達がいらっしゃる方は、お知らせいただけると

本当に嬉しいです・・・。(出身地とはいえ、アウェーなので全く人が集まらず・・・(^_^;)

よろしくお願いします・・・。(T_T)

http://kokucheese.com/event/index/102098/