心が軽くなるタイムマネジメント

タイムマネジメント・コーチングのブログです。 時間を考えることで、日々の暮らしを前向きに、心地良いものにしたいと思います。

著書『「時間がない!」から抜け出すちょっとした方法』(滝井いづみ著・大和出版)
amazonのカスタマーレビュー(http://goo.gl/FdxZ2b)も書いていただけると すごく嬉しいです♪^^


気づくってこんなもん?!・・・^_^;


  下の子が、上の子に朝から「いつも準備が遅い!」と怒られている。

毎度の光景で、普段から下の子のフォローをしながら通学準備をする姉としては、

その気持ちもわかるのだが、まだ下も一年生だし頑張っているので放って置いた。

昨年まで幼稚園児だった子が、親の手伝いを一切受けずにできるだけでも上出来!と

いう子供の成長過程を考えた上での放置だったのであるが、そろそろ気づいてもらう

時期かもしれない・・・と、次女を観察してみた。

 彼女が朝の準備に時間がかかっているところは、①パジャマをものすごく美しく

たたむ。(デパートで並べるんですか?というくらい・・・)②目の前のメインの

皿を食べれば、終わりと思っている。(デザート皿の時間や片付けの時間を完璧に

忘れている)③出発前のマスクやコートやサブバックの用意が、魔法使いの

ように、一瞬で済むと思っている・・・ということだった。

もちろん悩んでいる本人は気づいていない。(笑)


 自分のことは、わからないのものである。(^_^;)

他人事なら、よくわかるのに・・・。

それは、自分で自分を見ることはできないから。

自分でわからないのなら、人に聞くしかない。いわゆるフィードバックを受けること。

しかも、フィードバックは自分で取りにいかないと、気分的に受け取りにくいことも

ある。いい助言であっても、タイミングを間違えると「うるさいなー!(-_-;)」と

なりますもんね。


  
 その次は、自分で分析することも必要である。

・どこで時間を食っているのだろう?

・自分の時間の予想が外れているのは、ここだな。

・この行動は、ここでいらないかも!


(こういう分析の質問は、コーチングは得意です。

しかも自分で結論を出すので、気分を害されることもないし。^^)


 また一度だけでもログを取ることも勧める。

時計で計算するより、タイマーを持って気軽にやってみるといい。

時間の見積もりにおいて、自己過信に気づくことがあるだろう。

 

 大人でも、朝起きたての頃は、時間が余裕でたっぷりあると思いがちなので、

行動も必要以上に丁寧に、しかもこだわりを出してやってしまうことがある。

あっという間に出発時間が近づき、泡を食うことになるのだけど・・・。

また一瞬で終わると勝手に思っているものもあるかもしれない。


 さて私の場合を考えてみると・・・

私も、靴を履くまでに意外とうろうろしていることに気づいた。


・出かける前の火の元のチェックが一瞬で終わると思っている。

・服に合わせて靴を選ぶ時に、時間がかかっている。

・心配になって、名刺入れに名刺を補充する。

・玄関の鏡を見て、髪型が気になりまたブローをしに戻る。

・・・これじゃあ、いくらメークの時間が6分でも、予備の時間5分は

見ておかないといけませんね。(^_^;)


 時々は、自分から少し離れる努力をして、日ごろの自分を客観的に

振り返るのも悪くない。

 


◆今日のポイント◆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 まずは気づかないと、対策打てません・・・

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

さて、今週の日曜日、11月24日に私は富士山マラソンで走ります!
レインボーカラーのアフロをかぶって、楽しんできますね~!ヽ(^o^)丿